インフラエンジニアの転職白書

転職するならキャリアアップを目指そう!

インフラエンジニアの転職白書

最新の投稿記事

インフラエンジニアのキャリアアップ転職

インフラエンジニアに限ったことではありませんが、転職する理由は人それぞれです。安月給や賞与カットなど、給料に対する不満を解消するための転職もあれば、さらなるスキルアップの環境を求めて転職する場合もあるでしょう。どんな理由で転職するにせよ、せっかく転職するならキャリアアップにつなげていきましょう。インフラエンジニアがキャリアアップ転職を成功させるために知っておくべきポイント、視点、考え方などを紹介します。

今求められているインフラエンジニアとは?

今求められているインフラエンジニアとは?

インフラエンジニアといえば、サーバエンジニアとネットワークエンジニアに区別されることもありますが、いずれも上流工程から下流工程に至るまで、実に様々なスキルや知識を備えた上で、他部門との連携を円滑に図るためのコミュニケーション能力も欠かすことが出来ません。更に最新のクラウドサービスを実現する技術も、現場では不可欠とされており、まさにビジネスの下支えとして重要な役目を担っていますし、その分活躍する場面も増えています。そしてインフラ部門を統括し、後にはプロジェクトマネージャへとキャリアを進める例もあります。

目指す転職は自社開発か、上流工程か

目指す転職は自社開発か、上流工程か

最新のクラウドサービスをビジネスの現場で活用しようと、様々なコンシューマ向け事業者がWebサービスを自社開発しようと動き出しており、そのためインフラエンジニアの需要が高まっています。あるいはスマホ向けサービスを新たに自社開発で提供しようとする企業も多く、通常は上流工程から下流工程までの幅広いスキルや知識に加えて、コミュニケーション能力も求められるところですが、需要に供給が追い付かず売り手市場になっています。しかしセキュリティ対策などインフラエンジニアの担うべき責任は重いのであり、現場で必要なスキルや知識をよく見極める必要があるでしょう。

キャリアを考えた転職

キャリアを考えた転職

インフラエンジニアは、クラウドコンピューティングという新しい技術の登場によって、ビジネスシーンでの活用を試みる様々な企業からの需要が高まっています。このようなネットワークエンジニアやサーバエンジニアには、転職の際にも実際の構築経験までは、まだ求められていないようです。またスマホ向けサービスの提供に本腰を入れるコンシューマ向け事業者も増えており、Web開発エンジニアとしての活躍も大いに期待されるところです。年齢も35歳を過ぎれば、そろそろスペシャリスト、プロジェクトマネージャ、コンサルタントといった選択肢が考えられます。

インフラエンジニアにおすすめの記事一覧

インフラエンジニアの転職白書

Copyright © 2015 インフラエンジニアの転職白書 All Rights Reserved.