インフラエンジニアの転職白書

インフラエンジニアの転職も、キーワードは「即戦力」です

インフラエンジニアの転職白書

最新の投稿記事

今求められているインフラエンジニアとは?

最近のクラウド技術の普及・拡充に伴い、インフラの構築にも更に新たな展望が広がっています。そのためインフラエンジニアの需要が根強いのに比して、人手不足が続いています。もっともここで求められるのは、高度ネットワーク時代に対応した即戦力です。

ネットワークエンジニアとサーバエンジニア

インフラエンジニアと一口にいっても、一般的にはサーバの構築・運用を担当するサーバエンジニアと、ネットワーク機器の構築・運用を担当するネットワークエンジニアに分かれます。もちろん小規模な企業であれば、その区別のない場合も少なくありません。いずれも上流工程である基本設計や導入から、下流工程である運用や保守に至るまでと、その守備範囲が広いため、クライアントの要望に応えるためには、幅広いスキルと知識に加えて現場経験、すなわち他のエンジニアとも連携しながら円滑にプロジェクトを進めるに足るコミュニケーション能力を備えている必要があります。
もっともキャリアアップを見越して転職する際には、その転職先によって、例えばIT機器メーカーやベンダーではむしろ高度専門的なスキルや知識を問われるのに対して、SIerであれば運用上の管理やトラブル発生時の対応などが求められているというように、若干環境が異なります。
また特に最近ではスマホ向けのサービス拡充を目指す、コンシューマー向け事業者からの需要も増えているようです。この場合には不特定多数のユーザーを相手にするという特性上、特に負荷に強いシステム構築の経験を有していることが求められる傾向があります。

ITビジネスに不可欠な存在

インフラエンジニアは、なんといってもクラウドやSNSを活用した、今後のITビジネスの発展と成功を守る「縁の下の力持ち」として、これまで以上に大きな責任を担うものと予測されています。その責任を果たすために、上流工程から下流工程に至るまで一通りのスキルと知識を習得していることはもちろんのこと、尚且つ最先端の情報を貪欲に吸収しつつ時流に乗り続けるというのは、生半可な覚悟では難しいといえるでしょう。

そして何より現在のビジネスシーンを反映して、クラウドサービスを実現出来る技術に精通しているインフラエンジニアが、今最も求められています。また下流工程で運用を担当するとしても、プログラム開発の経験があるなど、技術的にWebシステム開発やアプリケーション開発をリードできる実力が評価されているようです。様々な現場で経験を積むことによって、やがてインフラ部門のリーダー的地位を占めて各方面の信頼を獲得した後には、プロジェクトマネージャとして活躍するというキャリアパスも決して夢ではありません。

インフラエンジニアにおすすめの記事一覧

インフラエンジニアの転職白書

Copyright © 2015 インフラエンジニアの転職白書 All Rights Reserved.