インフラエンジニアの転職白書

インフラエンジニアの転職は、売り手市場での勝ち抜き戦!

インフラエンジニアの転職白書

最新の投稿記事

売り手市場のインフラエンジニア転職対策

インフラエンジニアの求人市場は売り手市場と言われています。しかし、インフラスキルさえあれば誰でも採用してもらえるかと言えばそんなことはありません。同じインフラエンジニアの求人でも、企業ごとに求めるエンジニア像はそれぞれ異なります。時代によっても求められる人物像は変化します。転職を成功させるためには、企業が何を求めているのかをしっかりと分析し、読み取ることが大切です。企業のニーズと自身の描く方向性がマッチする求人をいかに見つけるかが勝負だと言っても過言ではありません。

転職で求められるキーワード

転職で求められるキーワード

新しいクラウドコンピューティング技術などの導入に伴う、様々なビジネスシーンの変化を取り逃すことの無いように、各企業がこぞってインフラエンジニアの獲得に乗り出しています。またネットビジネスの拡大や、顧客への訴求力を高めるためにWebサービスの提供を積極化させている企業も多いため、やはり転職市場での価値が高まっているのです。インフラエンジニアにはその活躍の場面に応じて、LAMP環境の開発経験や、仮想化技術や、LB技術に関する構築経験などが求められていますが、いずれも経験する機会がごく限られてきているため、実際の転職現場では、一定の知識を持っていれば十分通用します。

職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方

インフラエンジニアが転職を成功させるためには、職務経歴書で自分を相手企業にアピールする必要があります。まずは得意分野について、技術面及びその他の面において具体的かつ簡潔に説明し、経験したプロジェクトや開発環境を分かりやすく提示します。更に総まとめとしての自己PRでは、相手企業をよく研究してその目指すものを理解した上で、自分にある経験やスキルがいかに役立つのかといった点を、無理なく伝えて説得しなければなりません。このように職務経歴書は一面、クライアントへの提案と同じであるという点は、相手企業も十分承知しています。

キャリアアップ転職を目指すなら

キャリアアップ転職を目指すなら

インフラエンジニアの転職市場には、それを陰で支える転職エージェントの存在があります。エンジニアにとって売り手市場とはいえ競争が激しいため、いざ意気込んでも転職先を決めるのに焦ってしまい、よい結果が得られなくなるという心配も、エージェントとの質の高い情報交換によってある程度防ぐことが可能です。IT業界では労働人口の流出が活発といわれますが、そこには企業間において現場で求められるスキルや知識が比較的共通しているという事情が存在します。その辺りの情報にも通じており、相手企業とエンジニア双方の信頼を勝ち取っている例として、おすすめの求人サイトをご紹介します。

フリーランスなら契約トラブルに注意

フリーランスなら契約トラブルに注意

フリーランスのインフラエンジニアとして活動していく中で注意したいのが、契約トラブルについてです。プロジェクトに着手する前に報酬の一部が支払われる着手金についてや、クライアント都合でプロジェクトがキャンセルになった場合のキャンセル料について、そしてクライアントからの修正依頼があった際の取り決めについてなど、注意すべき点を説明していきます。また、その他にも不安な点があった際に活用できる法律相談サイトのご紹介もしていますので、ぜひご活用ください。

インフラエンジニアにおすすめの記事一覧

インフラエンジニアの転職白書

Copyright © 2015 インフラエンジニアの転職白書 All Rights Reserved.