インフラエンジニアの転職白書

インフラエンジニアの転職成功は、求められるキーワードを知ることから!

インフラエンジニアの転職白書

最新の投稿記事

転職で求められるキーワード

インフラエンジニアは、今やIT技術によってビジネスの世界を陰で支えるエンジニアの中でも、特に重要な役割を担っています。このところの技術革新によって、ますます顧客に近くて手軽な訴求手段として注目されているWebサービスを、自社開発してでも提供しようという企業が増えています。それと同時にクライアント企業側では、ビジネスマンとして冷静に費用対効果を弾き出しており、これまでのようなIT投資にどんぶり勘定の大盤振る舞いとは行きません。

LAMP環境の開発経験

近年、Webサービスの開発を担うエンジニアが求められています。それはBtoCサービスの拡充に加えて、様々な一般企業がWebサービスを提供しようと本腰を入れ始めたためです。特にLAMP環境における開発については、これまでであればテスト環境に用いられてきたために、実際の構築経験を有するエンジニアが限られています。Linuxなどの言語を理解してOSSのデータベース技術を習得していれば、活躍の場が広がります。

仮想化技術

また新しいクラウドコンピューティングといった仮想化技術を用いた開発も、活況を呈してきています。これはもちろんビジネスでの実用価値が高く評価されているためですが、転職市場においてその構築経験まで求めるのは、インフラエンジニアにとって酷というものです。そのためネットワークエンジニアやサーバエンジニアとしての現場経験を備えていることはもちろんですが、それ以上に仮想化技術に関しては知識があれば十分でしょう。VMwareやHyper-Vなどのソフトウェアが、BtoBでは中心になるといわれています。
インフラエンジニアに求められる仮想化知識を習得しようとするのであればハートビーツ主催のインフラエンジニア勉強会がおすすめです。

自分のほしい勉強会情報を検索したい方は公式サイトまで!
ハートビーツでは定期的にインフラエンジニアのための勉強会を無料で開催しています。自分のほしい勉強会情報を検索したい方は公式サイトまで!

LB経験

このようにインフラエンジニアの需要増を後押しする、高速で快適なネットワーク環境において、LB(ロードバランシング)の重要性が増しています。これは近年急速に発展したネットビジネスの巨大市場を、日々確実に破綻なく動かし続けるのみならず、尚刻々と膨らんで行く市場に対応しなければならないといった場面を考えれば、容易に想像がつくことでしょう。
今後はこれまでのような一様な負荷分散装置では、対応しきれない状況が着実に増えると予想されます。そのため発想を転換して、サーバの状況に応じて臨機応変に負荷を分散することが出来なければ、大きなトラブルを招きかねないのです。もちろん一度そのような事態に陥れば、損害は甚大であり、影響は広範囲に及びます。そのため転職市場では、例えばアプライアンスサーバの設計や構築経験があれば重宝されるでしょうし、ソフトウェア開発の現場におけるLBの知識が活きるのです。もちろん転職を考えていない場合であっても、インフラエンジニアに必須の技術となるのは間違いのないところであり、キャリアアップのためには早めに習得しておく必要があるでしょう。

インフラエンジニアにおすすめの記事一覧

インフラエンジニアの転職白書

Copyright © 2015 インフラエンジニアの転職白書 All Rights Reserved.